無力感を感じ消極的で無気力でしたが、やる気が湧きました【新潟県|40代女性】

無力感を感じ消極的で無気力でしたが、やる気がでました
  • URLをコピーしました!

(新潟県|40代女性|Gさん)

【ストレス解放セッション体験談】

私は1年前のある時、仕事で何年もやっていた

プロジェクト(業務)から外されました。

無能感や無力感でいっぱいになり、

相当、落ち込みました。

その時、

「私は必要とされていないんだ」

「私は重要ではないんだ」

と思ったんです。

その仕事を代わりにしている女性に対して

「アイツが上司から好かれたからだ…」

と、ねたみ・やっかみました。

「(その人が)悪いわけではない」

って、分かりながらも・・・

その後、夫の転職もありました。

夫は夜遅くまで働き

寝るために家に帰ってくるという

生活になりました。

夫婦の会話が以前は多かった

というわけではありませんが、

お互いに仕事を持っているので

夫婦の会話はさらに減りました。

時間が合わないので食事はいつも別々で、

夫は食事を済ませてから帰ってきます。

夫が気を使ってくれて、食事を外で

済ませているのは、分かっているんです。

私が出勤の時間は、夫は寝ていて

私が寝ている時に、夫は帰ってきます。

だから夫が私に気を使い、クリーニング屋を

利用しているのも分かっています。

でも、そうなると

「私って、必要なの?」

「私って、いらないんじゃない?」

って、思えてきて仕方ないんです。

むなしくって、悲しくって…

そうなると、何をやっても

うまくいかないと感じるようになりました。

私には、やっぱり出来ない…

私って、なんて無力なんだ・・・

どうせ、やったってムダ!だって、私だから!

私、いなくてもいいんじゃない…

という消極的な考えになっていき

どんどん無気力になっていきました。

仕事は、いつしか最低限しかしないようになり

家事は、ここ数カ月まともにやっていませんでした。

「いつか、夫に叱られるのではないか」

「このままでは(会社で)クビになってしまうかも」

「このままではいけない‼」そう思い

竹田さんのところに行きました。

まず初めに驚いたのは、

私の視点に立って話をされるので、

他の方に相談した回答(一般論)とも違えば、

私がどんな考え方を握っているから、

その感情(問題)を感じたのか

という説明だけではなく、

なりたい自分になるために、

どんな視点で物事をとらえれば良いのか

という指標まで示して、お話して下さるので

「初めて会ったけど、この人は信用できる」って思ったんです。

気持ちを理解し共感してもらえただけで、

(私は)十分に嬉しかったのですが…

それだけでなく、セッションというワークで

その苦しい感情まで解放する

って、おっしゃるので、ますます驚きでした。

セッション後は、「(頭が)スッキリした!」

というのが、直後の印象です。

翌朝起きると、

「あっ、(感情によって)そこまで苦しくない」

って、思えたんです。

そして、セッションを受け続けると

だんだんと【無気力】は取れていき

その後から、だんだん自然と

【やる気】が湧いてきたんです。

「これもやりたくない!」

「あれもやりたくない!」

↓というのが、

「これも出来るじゃん!」

「あれも出来るじゃん!」

というふうになっていったんです。

竹田さんにお会いした時は

藁(わら)をも掴(つか)むような気持ちだったので

掴(つか)んでみて、ホント良かったです(笑)

無力感を感じ消極的で無気力でしたが、やる気がでました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次