心理的な苦しみやストレスが減りヘルスケアになりました【新潟県|20代女性】

  • URLをコピーしました!

(新潟県|20代女性|Aさん)

【ストレス解放セッション体験談】

「インナーチャイルド」「アダルトチルドレン」

という言葉を、ここ最近(数年)で知り

(ネットで)調べていくうちに

私の中に「傷ついている自分がいるな~」

と受け入れ始めました。

親から、両親それぞれの愛し方で

「それなりに愛されていたんだろうな~」

と、感じてはいます。

しかし、親が私に入学を希望する

高校と大学に、どちらも落ちました(泣)

そして、入学して欲しくない学校に入ったことで

私の「存在」

喜ばしいものとは受けとめてもらえていない

と、そんな風に感じていました。

入りたかった部活も

「進学のためには、必要ない」

とされ、部活動もさせてもらえず、好きな事も

「勉強以外に時間を使うことで、

希望する学校に落ちるかもしれないから

いらない(させない)」

と言われ、やらせてもらえませんでした。

私の個性喜ばしいものとは

受けとめてもらえていない感じでした。

(特に勉強面で)

親の思い通りにはできないことが多くて

「この両親の子どもとして生まれるなら

私じゃない方が良かったのに...」

と思って生きてきました。

両親にとって喜ばしい能力や個性を持って

生まれてこなかった、と感じる自分の存在

ずっと否定しながら生きてきたんだ

と思います。

大学時代に、私の

「したいこと」を母に話しても、

「(それで)どうやって食べていくの?」

と言われ断念し、とりあえず

一般企業に就職しました。

それを1番喜んだのは両親でしたが、

働き始めて1年ももたずに、

朝、遅刻するようになり

会社にまともに行けなくなりました。

それでも体にムチをうち

医者から出された薬を飲みながら、

週6で朝から夜まで働くものの

それでも業務が終わらなかったので、

週1の休みは、午後から出社し

仕事をこなしてきました。

「3年も勤めていない人間は

どこからも認めてもらえない」

と両親に言われて育ったので

自ら辞表を出す気持ちは

全く沸かなかったです。

1年半が経ったある日、

解雇という形で、会社から

「戦力外通告」を受けました。

翌々月には、私の部署(ポジション)に

中途の新人(1人)を採用したそうです。

「何か価値のあることをしないと

(私の)存在を認めてもらえない」

そんな風に考えていました。

その後、転職先で出会った男性と

結婚するものの、2年半で

「離婚」しました。

親から(世間体により)

「離婚はありえない!」

と言われて育ってきたので、

自分の存在を責めること

しかできなかったです。

ここ最近(数年)で

「インナーチャイルド」

「アダルトチルドレン」

という言葉を知るようになり

私は自己肯定感が低い

と感じていました。

ある日、検索から

竹田さんのカウンセリングルーム

を見つけ、(新潟)市内だったので

「インナーチャイルドを癒すヒントになるかも」

と思い、行ってみました。

当日の突然の予約でしたが、竹田さんは

真剣に向き合ってくださいました。

セッション直後は

「スッキリしたのかも⁉」ぐらいで

「癒えた~‼」っていう感じではなかったですが、

心理的な苦しみやストレスが減り

ヘルスケアになりました。

生まれてきたことを

受け入れられなかった私も

自分を責めるしかなかった私も

自分に向き合えず逃げ回っていた私も

「過去の私もまた、素敵だった」

と感じる今に(心から)感謝しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次